2006年01月02日

日々発見

私は目聡いのか、耳聡いのか、
はたまたお節介焼きなだけか、
いろんなことに気づきやすいです。
いや、人よりそれを口に出す率が高いだけかもしれません。
昨日は新年早々設備の故障を発見してしまいました。
元日から修理伝票切らせてる私…。

今日の気付きは患者さんの心持。
まだ若い方で、失語および発語困難が
後遺症としてある方で、話をするのに焦ってしまうんです。
私は、小さい頃『か』行と『さ』行が発音できない子で、
言葉がうまく伝わらないもどかしさというのはなんとなく
判る気がしているんです。
だから伝える手段として
早くから字を覚えてしまった私ですが。
で、その患者さんが、点滴の留置針の周辺が
浮腫んでいておかしい、と私に訴えるんです。
私はその方の部屋から一番遠い部屋に居たのに。
準夜勤帯だったため、
看護師は3人しか居ませんでしたので、
その方の部屋の担当の看護師さんに、と言ったら
必死で拒絶。
仲間内では怖いという看護師さんだったのです。
患者さんに対しては優しそうだなあと思っていたんですが、
そうでもなかったらしく、
必死で私に何とかしてくれと言うんですね。
なので、他の看護師に相談、対応してもらいました。
私は優しくするつもりはないんですが、
怖くもしませんので、わりと話しやすいようです。
なんだか、人間性で患者さんにも選ばれてるんだなあと
ふと教科書の中身を復唱してしまいました。

教育と、福祉って似てるなあ、その辺。
教えるんじゃなくて、一緒に学ぶんだって。
福祉も、施すのではなく、共に生活することなんだなあ…
なんて。
posted by 繭枷 at 21:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
     お仕事ご苦労さまです。
 私も一度一ヶ月位入院した事があるんですが
来てもらって頼れる人とそうでない人いました。
 繭枷さんみたいな人だけだったらいいのに
 と患者の皆さんはきっと思ってるはずです。
これからも患者さんの希望の光でありますように
 だだ無理して疲れが溜まらないように適当に
  生きる事も重要ですよ。お体を大切に!
Posted by さがしま・スー at 2006年01月02日 22:12
ありがとうございます。
私が頼れるかどうかは別として、
私に声を掛けても何も解決できないのに、
私を選んでくれたのは嬉しいなと
思ってみました。
でも、普段から常にうにゃうにゃしてますので
ご心配なく〜^^
Posted by 繭枷 at 2006年01月05日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

猫が居たんだよあ!!
Excerpt: お正月からねこはっけんしますた!!
Weblog: 苺日記δ
Tracked: 2006-01-02 21:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。